スマートフォン解析

体外受精の費用と助成金(お金がない場合には助成金も考慮)

体外受精 費用

体外受精がほぼ必要最低限で済んでしまった幸運な私でも、体外受精に進んでからはトータルで40万強の費用がかかりました。
これに関しても、金額に関しては毎回記録をしていなかったことと、確定申告の際に領収書を全て提出してしまって手元に残っていないので、細かい明細は不明ですが、大まかなところのみ振り替えってまとめてみました。

体外受精の費用の大まかな内訳:トータルで40万強

採卵と胚移植に関してのみ、いくらかかったのか正確な金額が手元の資料に残っていました。この頃はまだ、消費税が5%でしたので、今は同じ病院でももう少し高くなっていると思いますが…。

◎採卵の時に支払った費用
・体外受精受診料(初回のみ) 52,500円
・採卵費用 52,500円
・培養料(採卵数3個の場合) 31,500円(※採卵数×10,500円)
・採卵材料費 31,500円
合計 168,000円◎胚移植の時に支払った費用
・特殊技術料
胚盤胞追加培養 31,500円
・移植費用
超音波下胚移植 63,000円
移植材料費 10,500円
合計 105,000円

この時点で、この2回に支払った合計は273,000円です。

ということは、体外受精にかかった費用をおおざっぱに400,000円としても、採卵と胚移植以外に127,000円かかったということになります。

体外受精に入る前に2周期あって、その間にいくつか検査もしているのでその費用も入ってしまっていますが、正直な気持ちを言うと、高いですね…。

排卵誘発の注射、自己注射、毎回の採血や卵胞チェックのための超音波検査、そして黄体補充の薬と注射に、それだけかかったということですが、やっぱりそれぞれ注射の1回1回がかなり高いということになるのでしょうか。

顕微授精、受精卵凍結やアシストハッチング、それにもっと強い卵巣刺激法を使った場合、採卵でたくさん卵が採れた場合は、これに万単位でどんどんオプション料金が上乗せされていきます。

私の場合は、受精卵を胚盤胞まで培養した以外に特別なことはしていませんので、採卵と胚移植のみに関して言えば、本当に最低限のことに近い費用であったと思います。

排卵誘発をしない完全自然周期による体外受精でしたら、採卵が1つしかできないので、もう少しだけ安く済むのだと思いますが。

体外受精の高額な支払いの時はカード支払いでした

不妊治療専門クリニックはどこでもクレジットカードが使えるのかどうかはよく知りませんが、私が体外受精をしたクリニックではカードが使えましたので、この2回の支払いの時はカードで費用を支払いました。

さすがに現金を持ち歩くのがちょっと怖かったので…採卵の時は特に、身体への負担が大きいことをよくネットでも目にし、その日は安静にして何もせずに過ごす人が多いようですから、そういうフラフラの状況で大金を支払うのが怖いと思いました。

実際のところは、採卵に何の痛みもなく、ごく普通に歩いて帰って私だったのですが…それは結果の話ですので。

だから、その時は「支払った」という感覚は薄かったのですが、後々カードの引き落としの日にガチャンと大金が引き落とされて、「うわぁーやっぱり随分かかったなぁ」と時間差がありつつも感じました。

体外受精に対して助成金はどれくらい?

東京都の「特定不妊治療費助成事業受診等証明書」を改めて見てみたところ、保険適用外の不妊治療にかかった費用の領収金額は「350,450円」となっていました。どれに保険が適用されてどれが適用外だったのか無知でよくわかりませんが、助成金の申請に関わる部分ではその金額でした。

この申請が通り助成金を受け取ることができたのですが、その助成金の金額は150,000円でした。

他に住んでいる自治体によっては助成金を出してくれるところもあるようですが、私の住んでいる地域では東京都の助成金のみでした。

それでも現在は40歳以上になるとこの助成金も受け取れないようですから、段々厳しくなっていますね。

これは、本当に住んでいる場所によって全然違うようで、不妊治療の助成に力を入れている地域に引っ越しをしてまで不妊治療をするという方もおられるようです。

タイミング法〜人工授精までで10万円、体外受精1回で40万円、そして受け取れた助成金は15万円ですので、私自身が不妊治療全てにおいて負担した金額はざっくりで35万円くらいということになります。

妊娠した友だちからオススメされた葉酸サプリ

私がまだ妊娠してなかった頃、既に妊娠して幸せいっぱいの友だちがおすすめしてくれたのが葉酸サプリです。

「妊娠していた彼女が言うのだから!」、と思って、私も試したのが葉酸サプリとの出会い。

世の中にはたくさんの葉酸サプリメントがありますが、その中でもイチオシなのが以下の美的ヌーボの葉酸サプリです。私も色々と調べましたが、本当に高品質でした。

美的ヌーボプレミアム 調べた中で一番の高品質

含まれている成分に関しては文句なしです。ただ、ちょっと値段が高めなのが難点です。また、粒が大きめになっていますが、割って飲んでも成分には問題ないので、つわりの時に飲みづらい時には、粒を割って飲むと良いです。クレジットカードが使いたくないという場合にも代金引換や後払い決済なども利用可能です。

通常価格8640円(税込)→定期便限定6912円(税込)とお買い得!【送料も無料】

>>詳細&ご注文はこちら



実物はこんな感じです。

美的ヌーボ

粒の大きさが大きめなのですが、透明な粒以外はすべて半分に割ってから服用していくことも可能です。そのため、つわりなどで飲み込むのが辛いというときでも安心です。

<お得に購入するなら>

賞味期限などを気にするのならば、大手通販サイトなどから購入するよりも、美的ヌーボの公式ページから購入したほうが良いです。確かに大手通販サイトから購入するとポイントがたまるなどあるかもしれませんが、でも私の経験上、そういったところから購入した場合、賞味期限ギリギリのこともありました。やっぱり出来る限り製造されてすぐの新しい商品を欲しければ、公式サイトから申し込むべきだなと思ったのです。

⇒ 美的ヌーボプレミアム公式ページへ

※当サイトでも一番売れています!


他に比較検討した葉酸サプリメント紹介

美的ヌーボの葉酸サプリ以外にも以下の葉酸サプリを購入して比較検討しました。その際に作った比較表をお見せします。
美的ヌーボ
  • ベルタの葉酸サプリについて:
    • 安いように思えますが、3980円は6ヶ月間利用することが前提なので、結果的には高めの値段設定にはなっています。全体的に見れば、ある程度の品質が保たれており、悪くない商品になっています。ただ、個人的にビタミンCやビタミンEもしっかりと含まれている美的ヌーボプレミアムの方が良いなと思っています。
  • 女性100人の声から生まれた葉酸サプリについて:
    • 成分に関してはちょっと不明な点があります。ただ、とりあえずの購入のしやすさからすれば一番でしょう。


ベルタ葉酸サプリ1 ベルタの葉酸サプリ

厚生労働省推奨400μgの葉酸をしっかり摂取可能なサプリメント。色々な雑誌にも掲載されています。今回紹介した葉酸サプリの中では一番中途半端ではありました。

通常価格5980円(税込)→定期便限定3980円(税込)とお買い得!【送料も無料】

>>詳細&ご注文はこちら

女性100人の声から生まれた 葉酸サプリ -AFC-

確かに飲みやすくお求めやすい優良サプリメントなのですが、美容成分へのこだわりの点からは美的ヌーボの方が上でした。つわりが激しくなると、食事も摂れない人が多くなり、その時に美容成分もしっかりと含まれている美的ヌーボの方が良いなと判断しました。逆につわりなどが激しくなく、価格をなるべく抑えたいのであれば、こちらのAFCの葉酸サプリもおすすめです。

価格1800円(税込)【初回限定送料も無料】

>>詳細&ご注文はこちら

以上のように、

というのが私の評価になります。


美的ヌーボプレミアム 調べた中で一番の高品質

含まれている成分に関しては文句なしです。ただ、ちょっと値段が高めなのが難点です。また、粒が大きめになっていますが、割って飲んでも成分には問題ないので、つわりの時に飲みづらい時には、粒を割って飲むと良いです。クレジットカードが使いたくないという場合にも代金引換や後払い決済なども利用可能です。

通常価格8640円(税込)→定期便限定6912円(税込)とお買い得!【送料も無料】

>>詳細&ご注文はこちら

コメントを残す

このページの先頭へ