スマートフォン解析

たった1回の体外受精にかかった費用はなんと…

私たち夫婦は人工授精3回を経て(キャンセルになったのも合わせると合計7回チャレンジしました。)、体外受精にステップアップすることを決めましたが、身体的負担と経済的負担に対する不安は大きかったです。

ある程度まとまった金額を不妊治療費として蓄えてはいましたが、確実性がない、先の見えない(しかも高額!)治療に進む上で、どこまでやれるか……という不安を抱えてのステップアップになりました。

どんな流れで検査をして、治療にどのくらい掛かる?(私の場合。)

体外受精にステップアップした時、以下の流れで治療や検査をしていきました。

※まずは生理が来るのを待って。

○3日目来院
・採血:治療前検査(AMH)検査
・マーベロン内服開始(24日分)
・診察
10,110円

○7日目来院
・診察
・採血:ホルモン検査
11,290円

○16日目来院
・診察 2,010円

※マーベロン内服終了後、3日後より生理開始(リセット)。

○3日目来院
・注射 4,710円

○4日目来院
・注射 4,710円

○5日目来院
・注射 4,710円

○6日目来院
・注射 4,710円

○7日目来院
・注射
・エコー
9,490円

○8日目来院
・注射 4,710円

○9日目来院
・注射(ガニレスト)
・エコー
・薬代(ジクロフェナクナトリウムSR,ナファレリール点鼻薬
18,820円

○10日目来院
・注射
・診察
23,470円

○12日目来院。採卵当日。
・麻酔、採卵(4個以上)
・診察
・薬代
205,200円

○13日目来院。受精確認。
・診察
1,250円

○14日目来院
・胚盤胞培養。
22,850円

○17日目来院
胚の凍結・保存6ヶ月。
55,250円

※リセット

○3日目来院
・診察
・薬代(エストラーナテープ。)
4,850円

○13日目来院
・診察
・薬代(エストラーナテープ。プロゲステロン坐薬)
5,210円

○15日目来院
・注射
1,620円。

○16日目来院
・注射
1,820円

○17日目来院
・注射
1,820円

○20日目来院。移植日。
・凍結胚盤胞の融解胚移植。
・診察
131,670円

○34日目来院
・妊娠判定。
2,160円

以上の流れで治療を受けました。

実に体外受精の治療を受けるための検査から妊娠判定まで108日間。通院回数は22回。かかった費用は診察費など全て込みで約540,000円かかりました。

体外受精にかかる費用まとめ。(診察代、薬代などは除く)

・基本の料金。

採卵数1~3個 採卵数4個以上
体外受精~胚移植 157,500円(採卵、受精、胚移植) 241,200円(麻酔、採卵、受精、胚移植)
体外受精後、全ての胚を凍結。 157,500円(採卵、受精、胚凍結) 241,200円(麻酔、採卵、受精、胚凍結)
体外受精を行ったが、受精できなかった場合。 52,500円(採卵、受精) 199,500円(麻酔、採卵、受精)
採卵したが、卵が取れなかった場合。 52,500円(採卵)

・追加で掛かる費用。

顕微授精 +52,500円。
受精卵凍結(6ヶ月間の保存料含む) +52,500円
胚盤胞(5日目)までの追加培養。 +21,000円

・凍結された胚に対して掛かる費用。
融解胚移植(凍結胚の融解、AHA処理、胚移植)94,500円。
融解胚盤胞移植(凍結胚の融解、AHA処理、胚移植)105,000円
胚凍結期間延長(6ヶ月間) 10,500円

実際に体外受精をしてみて思ったこと。

体外受精の費用はおよそ160,000円~250,000円ほどですが、薬代や診察代、採卵数や顕微授精にするのか、胚盤胞まで培養するのか、凍結するのか等、治療を加えていくと更に費用が高くなっていきます。

私の場合は、不妊治療に専念するため仕事を辞めていましたので、時間を自由に使うことができました。そのため、注射などで毎日通うことができましたが、通院・治療が生活の中心になりました。いくら時間が自由になるとは言え、通院が頻繁になると精神的なストレスが大きかったです。

治療スケジュールによっては、費用や通院回数が異なってきます。

働きながら治療を進めていらっしゃる方は、採卵の方法を通院回数が少なくて済むものにしたり、自己注射にすることで通院回数の負担や料金的な負担も抑えることができると思います。

自分の生活スタイルに無理のないように治療を進めていくことが一番だと思います。

※費用や、治療スケジュールは全て私の通っている病院の場合です。

病院によって異なってくるので、詳しい内容はご自分のかかっている病院にご確認ください。

妊娠した友だちからオススメされた葉酸サプリ

私がまだ妊娠してなかった頃、既に妊娠して幸せいっぱいの友だちがおすすめしてくれたのが葉酸サプリです。

「妊娠していた彼女が言うのだから!」、と思って、私も試したのが葉酸サプリとの出会い。

世の中にはたくさんの葉酸サプリメントがありますが、その中でもイチオシなのが以下の美的ヌーボの葉酸サプリです。私も色々と調べましたが、本当に高品質でした。

美的ヌーボプレミアム 調べた中で一番の高品質

含まれている成分に関しては文句なしです。ただ、ちょっと値段が高めなのが難点です。また、粒が大きめになっていますが、割って飲んでも成分には問題ないので、つわりの時に飲みづらい時には、粒を割って飲むと良いです。クレジットカードが使いたくないという場合にも代金引換や後払い決済なども利用可能です。

通常価格8640円(税込)→定期便限定6912円(税込)とお買い得!【送料も無料】

>>詳細&ご注文はこちら



実物はこんな感じです。

美的ヌーボ

粒の大きさが大きめなのですが、透明な粒以外はすべて半分に割ってから服用していくことも可能です。そのため、つわりなどで飲み込むのが辛いというときでも安心です。

<お得に購入するなら>

賞味期限などを気にするのならば、大手通販サイトなどから購入するよりも、美的ヌーボの公式ページから購入したほうが良いです。確かに大手通販サイトから購入するとポイントがたまるなどあるかもしれませんが、でも私の経験上、そういったところから購入した場合、賞味期限ギリギリのこともありました。やっぱり出来る限り製造されてすぐの新しい商品を欲しければ、公式サイトから申し込むべきだなと思ったのです。

⇒ 美的ヌーボプレミアム公式ページへ

※当サイトでも一番売れています!


他に比較検討した葉酸サプリメント紹介

美的ヌーボの葉酸サプリ以外にも以下の葉酸サプリを購入して比較検討しました。その際に作った比較表をお見せします。
美的ヌーボ
  • ベルタの葉酸サプリについて:
    • 安いように思えますが、3980円は6ヶ月間利用することが前提なので、結果的には高めの値段設定にはなっています。全体的に見れば、ある程度の品質が保たれており、悪くない商品になっています。ただ、個人的にビタミンCやビタミンEもしっかりと含まれている美的ヌーボプレミアムの方が良いなと思っています。
  • 女性100人の声から生まれた葉酸サプリについて:
    • 成分に関してはちょっと不明な点があります。ただ、とりあえずの購入のしやすさからすれば一番でしょう。


ベルタ葉酸サプリ1 ベルタの葉酸サプリ

厚生労働省推奨400μgの葉酸をしっかり摂取可能なサプリメント。色々な雑誌にも掲載されています。今回紹介した葉酸サプリの中では一番中途半端ではありました。

通常価格5980円(税込)→定期便限定3980円(税込)とお買い得!【送料も無料】

>>詳細&ご注文はこちら

女性100人の声から生まれた 葉酸サプリ -AFC-

確かに飲みやすくお求めやすい優良サプリメントなのですが、美容成分へのこだわりの点からは美的ヌーボの方が上でした。つわりが激しくなると、食事も摂れない人が多くなり、その時に美容成分もしっかりと含まれている美的ヌーボの方が良いなと判断しました。逆につわりなどが激しくなく、価格をなるべく抑えたいのであれば、こちらのAFCの葉酸サプリもおすすめです。

価格1800円(税込)【初回限定送料も無料】

>>詳細&ご注文はこちら

以上のように、

というのが私の評価になります。


美的ヌーボプレミアム 調べた中で一番の高品質

含まれている成分に関しては文句なしです。ただ、ちょっと値段が高めなのが難点です。また、粒が大きめになっていますが、割って飲んでも成分には問題ないので、つわりの時に飲みづらい時には、粒を割って飲むと良いです。クレジットカードが使いたくないという場合にも代金引換や後払い決済なども利用可能です。

通常価格8640円(税込)→定期便限定6912円(税込)とお買い得!【送料も無料】

>>詳細&ご注文はこちら

コメントを残す

このページの先頭へ