スマートフォン解析

【不妊治療が辛い時に読むブログ】男性はきっと知らない女性の不妊治療の辛さ

不妊治療

今は不妊の原因が男性側にあることも多い、ということもよく知られてきたので、不妊治療の辛さがわかる男性というのも結構いるのかもしれません。

ダイヤモンドユカイさんは男性不妊だと聞きましたが、これを世間にカミングアウトしたということに、本当に強い人だなと思わずにはいられません。

自分の生殖能力の欠陥と、自分自身の価値が全く関係ないところにある、という自信がちゃんと無ければ、できないことなのではないでしょうか。

しかしながら男性の側に原因があって自分自身に問題が無くても不妊治療を受けなければいけない女性もいますし、一般的には不妊治療で大きな負担がかかるのはやっぱり女性のほうなのでしょうか。

私にはどんなことが辛かったか、そしてそんな辛い時に男性、私にとっては夫ですが、夫にどうして欲しかったか、を振り返ってみました。

必須である内診・いくつもある検査にも、いちいちドキドキビクビク…

本格的に不妊治療を始めて、最初の頃辛かったのは、慣れない内診。

そして凄く痛いと評判の卵管造影検査。

そしてそして、検査結果を聞きに病院に行く日はいちいち死刑宣告でも聞きにいくような心持ちだったこと。

簡単に書くとそんなことが辛かったです。

初めての不妊治療専門クリニックでの内診では子宮筋腫があることもわかりました。

私くらいの年齢で子供を産んだことの無い女性なら尚更珍しいことではないようですが、やはりショックでした。

幸い、妊娠・出産に問題のありそうな筋腫ではありませんでした。

卵管造影検査の時は、ネットでどれくらい痛いかをついつい検索して調べてしまったりして、ずっとドキドキしていましたが、実際にかなりの激痛でした。

結果を聞きにいく時に怖かったのはこの卵管造影と、抗精子抗体の検査でした。

この2つの検査で卵管が詰まっていたり、抗精子抗体陽性であることが分かった場合は即体外受精に進まなければならなかったからです。

これも幸い、問題はありませんでした。

これらの検査などにもいつも1人で極端にビクビクしてのぞみ、大丈夫だった時には夫に「問題なかった」と伝えていたのだと思いますが、なんだかいつも「へぇ〜」みたいな気の無い返事だったような覚えがあります。

正直言って、それぞれの検査についてどんな意味があるのか、自分のことのように調べてみたりいろいろして、いっしょに考えてくれたらいいのになぁとは思いました。

夫はいつも前向きに発言してくれましたが、裏を返せば要するに親身ではなく人ごとだったようにも感じられていました。

体外受精では採卵・自己注射もしました

あらかたの検査が終わってしまえば、排卵誘発剤を使ったり(私は黄体機能不全だったので)毎周期に黄体補充をしながらタイミング法や人工授精をしましたが、注射がちょっと痛かったこと以外は、薬の副作用が辛いということも私にはほとんどなくて、辛いのは精神的な面だけでした。

特に、人工授精の間は、もうこれがダメだったら体外受精になってしまう、という崖っぷちの気分だったせいか、精神的にかなりきつい時期でした。人工授精してもリセットしてしまった日は本当に辛く、夫にダメだった、と訴えるのも辛いことでした。

その後体外受精に進みましたが、体外受精では排卵誘発に自宅で自己注射も1回だけでしたがしました。

なぜかよく「凄く痛い」と評判の採卵も、麻酔がよく効いたのか、私は全くの無痛で済みました。

「私はこんなに痛い思いをして頑張っている、それを分かってほしい」とはなぜか夫に対して思わなかったように思います。

私が分かってほしかったのは、精神的な辛さでした。とにかく共感してほしかったし、いつも慰めてほしかったと思います。

採卵してから、着床が確認されるまで

採卵してから辛かったのが、電話で受精したか、分割が進んでいるかなどを確認しなければいけなかったことです。

ありがたいことに採卵した3つの卵子のうち1つが胚盤胞まで育ってくれたのですが、朝イチでその電話確認をする日は、一日がその結果に左右されるだろうなと思うとかなり電話するのは気が重かったです。

体外受精にはこのようなハードルがたくさんありました。

採卵の日は夫も採精があったため、会社を休んで都合を合わせてくれました。

夫の行動で一番ありがたかったのは、常に不妊治療にちゃんとスケジュールも合わせてくれたことでした。

それだけ融通の利きやすい会社にいたということもあると思います。

不妊治療に乗り気でなかったり、こういったスケジュールに全く合わせてくれる気の無い旦那さんのいる女性もいるような話を、やはりネットですが、たまに見かけました。

その点だけでも、主人には感謝をするべきなのかもしれませんが、不妊治療の全てにおいて、やっぱり一緒に勉強して、考えてもらいたかったです。

妊娠した友だちからオススメされた葉酸サプリ

私がまだ妊娠してなかった頃、既に妊娠して幸せいっぱいの友だちがおすすめしてくれたのが葉酸サプリです。

「妊娠していた彼女が言うのだから!」、と思って、私も試したのが葉酸サプリとの出会い。

世の中にはたくさんの葉酸サプリメントがありますが、その中でもイチオシなのが以下の美的ヌーボの葉酸サプリです。私も色々と調べましたが、本当に高品質でした。

美的ヌーボプレミアム 調べた中で一番の高品質

含まれている成分に関しては文句なしです。ただ、ちょっと値段が高めなのが難点です。また、粒が大きめになっていますが、割って飲んでも成分には問題ないので、つわりの時に飲みづらい時には、粒を割って飲むと良いです。クレジットカードが使いたくないという場合にも代金引換や後払い決済なども利用可能です。

通常価格8640円(税込)→定期便限定6912円(税込)とお買い得!【送料も無料】

>>詳細&ご注文はこちら



実物はこんな感じです。

美的ヌーボ

粒の大きさが大きめなのですが、透明な粒以外はすべて半分に割ってから服用していくことも可能です。そのため、つわりなどで飲み込むのが辛いというときでも安心です。

<お得に購入するなら>

賞味期限などを気にするのならば、大手通販サイトなどから購入するよりも、美的ヌーボの公式ページから購入したほうが良いです。確かに大手通販サイトから購入するとポイントがたまるなどあるかもしれませんが、でも私の経験上、そういったところから購入した場合、賞味期限ギリギリのこともありました。やっぱり出来る限り製造されてすぐの新しい商品を欲しければ、公式サイトから申し込むべきだなと思ったのです。

⇒ 美的ヌーボプレミアム公式ページへ

※当サイトでも一番売れています!


他に比較検討した葉酸サプリメント紹介

美的ヌーボの葉酸サプリ以外にも以下の葉酸サプリを購入して比較検討しました。その際に作った比較表をお見せします。
美的ヌーボ
  • ベルタの葉酸サプリについて:
    • 安いように思えますが、3980円は6ヶ月間利用することが前提なので、結果的には高めの値段設定にはなっています。全体的に見れば、ある程度の品質が保たれており、悪くない商品になっています。ただ、個人的にビタミンCやビタミンEもしっかりと含まれている美的ヌーボプレミアムの方が良いなと思っています。
  • 女性100人の声から生まれた葉酸サプリについて:
    • 成分に関してはちょっと不明な点があります。ただ、とりあえずの購入のしやすさからすれば一番でしょう。


ベルタ葉酸サプリ1 ベルタの葉酸サプリ

厚生労働省推奨400μgの葉酸をしっかり摂取可能なサプリメント。色々な雑誌にも掲載されています。今回紹介した葉酸サプリの中では一番中途半端ではありました。

通常価格5980円(税込)→定期便限定3980円(税込)とお買い得!【送料も無料】

>>詳細&ご注文はこちら

女性100人の声から生まれた 葉酸サプリ -AFC-

確かに飲みやすくお求めやすい優良サプリメントなのですが、美容成分へのこだわりの点からは美的ヌーボの方が上でした。つわりが激しくなると、食事も摂れない人が多くなり、その時に美容成分もしっかりと含まれている美的ヌーボの方が良いなと判断しました。逆につわりなどが激しくなく、価格をなるべく抑えたいのであれば、こちらのAFCの葉酸サプリもおすすめです。

価格1800円(税込)【初回限定送料も無料】

>>詳細&ご注文はこちら

以上のように、

というのが私の評価になります。


美的ヌーボプレミアム 調べた中で一番の高品質

含まれている成分に関しては文句なしです。ただ、ちょっと値段が高めなのが難点です。また、粒が大きめになっていますが、割って飲んでも成分には問題ないので、つわりの時に飲みづらい時には、粒を割って飲むと良いです。クレジットカードが使いたくないという場合にも代金引換や後払い決済なども利用可能です。

通常価格8640円(税込)→定期便限定6912円(税込)とお買い得!【送料も無料】

>>詳細&ご注文はこちら

コメントを残す

このページの先頭へ