スマートフォン解析

葉酸サプリの摂取に関しての厚生労働省の見解とは?

葉酸サプリ

『葉酸』は妊婦が積極的に摂るべき栄養素です。

ではどうして、葉酸の摂取を推奨されているのか?厚生労働省がなんと言っているのかまとめてみました。

厚生労働省の指標

『神経管閉鎖障害の発症リスク低減のための妊娠可能な年齢の女性等に対する葉酸の摂取に係る適切な情報提供の推進について』

という資料が平成12年12月28日に厚生労働省から発表されました。

『野菜を350g程度摂取するなど、各食品について適正な摂取量を確保すれば、1日0.4mgの葉酸の摂取が可能であるが、現状では食事由来の葉酸の利用効率が確定していないことや各個人の食生活によっては0.4mgの葉酸摂取が困難な場合もあること、最近の米国等の報告では神経管閉鎖障害の発症リスク低減に関しては、食事からの摂取に加え、0.45mgの栄養補助食品からの葉酸摂取が勧告されていること等の理由から、当面、食品からの葉酸摂取に加えて、いわゆる栄養補助食品から1日0.4mgの葉酸を摂取すれば、神経管閉鎖障害の発生リスクが集団としてみた場合に低減することが期待できる旨情報提供を行うこと。
ただし、いわゆる栄養補助食品はその簡便性などから過剰摂取につながりやすいことも踏まえ、高用量の葉酸摂取はビタミンB12欠乏の診断を困難にするので、医師の管理下にある場合を除き、葉酸摂取量は1日当たり1mgを超えるべきではないことを必ずあわせて情報提供する。

と資料内に書かれています。

これらによると、

  • 欧米を中心とした諸外国の研究で、先天異常の中の二分脊椎などの神経管閉鎖障害について、ビタミンBの1種である葉酸を妊娠可能な年齢の女性に摂取させることで発症のリスクを低減するという報告と対策が1990年代から行われている。
  • 我が国においては、諸外国と比較して二分脊椎の発生率が低いなどの理由から関連する疫学調査はほとんど行われず、神経管閉鎖障害のリスク低減のための葉酸の利用についての対応は行われてこなかった。
  • 平成11年に神経管閉鎖障害の発生率の低い中国南部の研究報告にて、葉酸の摂取が神経管閉鎖障害の発生リスクを低減させるとあったこと。
    同年度に厚生科学研究において、我が国の二分脊椎の発生率が増加傾向にあると報告されたこと、食生活、ライフスタイルの多様化により食物摂取の個人差が大きくなり、葉酸の摂取が不十分な者が増加傾向にあること。

つまり、欧米諸国に比べて神経管閉鎖障害の発生率が少なかったことで、日本は葉酸が神経管閉鎖障害のリスクを低減させるという研究に取り組むことが遅れてしまったのです。

食生活の多様化(肉食中心の欧米的食生活など)により、神経管閉鎖障害の発生率が増加したことで、国として日本の現状を踏まえた葉酸の摂取による神経管閉鎖障害の発生リスクの可能性について取り組むようになったということがわかります。

それまでは、平成11年(1999年)頃まで、妊娠を望む女性が葉酸を摂取することの重要性が特に知られていませんでした。

※葉酸
体内の蓄積性は低く、毎日摂取する必要がある。
緑黄色野菜、果物などの食品に多く含まれる。
熱に弱く水溶性のため調理によって失われやすい。
栄養補助食品の葉酸は生体内の利用効率が85%、食品中の葉酸の生体内での利用効率は50%程度と見積もられている。

※神経管閉鎖障害
先天性の脳や脊椎の癒合不全のことを主にいう。

「健やか親子21」について

「健やか親子21」という取り組みの「妊産婦のための食生活指針」の、妊婦における付加量設定に当たっての留意点として葉酸の項目で

通常の適正な食事摂取時に 100μg/日のプテロイルモノグルタミン酸を補足すると妊婦の赤血球の葉酸レベルを適正量に維持することができたというデータ 18,19)の値を用いて、設定した。妊娠可能な女性への注意事項としては、胎児の神経管閉鎖障害のリスク低減のために、付加的に400μg/日のプテロイルモノグルタミン酸の摂取が望まれるとした。

と書かれています。

欧米諸国と比べ、研究の出だしが遅れてしまったことは残念なことですが、国の研究期間にはもっと具体的なデータを作り、神経管閉鎖障害の発生リスク低減に努めていってほしい思います。

私たちも、しっかりと葉酸を摂取して、神経管閉鎖障害のリスクの回避と低減に努めていきましょう。

>>失敗しない葉酸サプリの選び方

妊娠した友だちからオススメされた葉酸サプリ

私がまだ妊娠してなかった頃、既に妊娠して幸せいっぱいの友だちがおすすめしてくれたのが葉酸サプリです。

「妊娠していた彼女が言うのだから!」、と思って、私も試したのが葉酸サプリとの出会い。

世の中にはたくさんの葉酸サプリメントがありますが、その中でもイチオシなのが以下の美的ヌーボの葉酸サプリです。私も色々と調べましたが、本当に高品質でした。

美的ヌーボプレミアム 調べた中で一番の高品質

含まれている成分に関しては文句なしです。ただ、ちょっと値段が高めなのが難点です。また、粒が大きめになっていますが、割って飲んでも成分には問題ないので、つわりの時に飲みづらい時には、粒を割って飲むと良いです。クレジットカードが使いたくないという場合にも代金引換や後払い決済なども利用可能です。

通常価格8640円(税込)→定期便限定6912円(税込)とお買い得!【送料も無料】

>>詳細&ご注文はこちら



実物はこんな感じです。

美的ヌーボ

粒の大きさが大きめなのですが、透明な粒以外はすべて半分に割ってから服用していくことも可能です。そのため、つわりなどで飲み込むのが辛いというときでも安心です。

<お得に購入するなら>

賞味期限などを気にするのならば、大手通販サイトなどから購入するよりも、美的ヌーボの公式ページから購入したほうが良いです。確かに大手通販サイトから購入するとポイントがたまるなどあるかもしれませんが、でも私の経験上、そういったところから購入した場合、賞味期限ギリギリのこともありました。やっぱり出来る限り製造されてすぐの新しい商品を欲しければ、公式サイトから申し込むべきだなと思ったのです。

⇒ 美的ヌーボプレミアム公式ページへ

※当サイトでも一番売れています!


他に比較検討した葉酸サプリメント紹介

美的ヌーボの葉酸サプリ以外にも以下の葉酸サプリを購入して比較検討しました。その際に作った比較表をお見せします。
美的ヌーボ
  • ベルタの葉酸サプリについて:
    • 安いように思えますが、3980円は6ヶ月間利用することが前提なので、結果的には高めの値段設定にはなっています。全体的に見れば、ある程度の品質が保たれており、悪くない商品になっています。ただ、個人的にビタミンCやビタミンEもしっかりと含まれている美的ヌーボプレミアムの方が良いなと思っています。
  • 女性100人の声から生まれた葉酸サプリについて:
    • 成分に関してはちょっと不明な点があります。ただ、とりあえずの購入のしやすさからすれば一番でしょう。


ベルタ葉酸サプリ1 ベルタの葉酸サプリ

厚生労働省推奨400μgの葉酸をしっかり摂取可能なサプリメント。色々な雑誌にも掲載されています。今回紹介した葉酸サプリの中では一番中途半端ではありました。

通常価格5980円(税込)→定期便限定3980円(税込)とお買い得!【送料も無料】

>>詳細&ご注文はこちら

女性100人の声から生まれた 葉酸サプリ -AFC-

確かに飲みやすくお求めやすい優良サプリメントなのですが、美容成分へのこだわりの点からは美的ヌーボの方が上でした。つわりが激しくなると、食事も摂れない人が多くなり、その時に美容成分もしっかりと含まれている美的ヌーボの方が良いなと判断しました。逆につわりなどが激しくなく、価格をなるべく抑えたいのであれば、こちらのAFCの葉酸サプリもおすすめです。

価格1800円(税込)【初回限定送料も無料】

>>詳細&ご注文はこちら

以上のように、

というのが私の評価になります。


美的ヌーボプレミアム 調べた中で一番の高品質

含まれている成分に関しては文句なしです。ただ、ちょっと値段が高めなのが難点です。また、粒が大きめになっていますが、割って飲んでも成分には問題ないので、つわりの時に飲みづらい時には、粒を割って飲むと良いです。クレジットカードが使いたくないという場合にも代金引換や後払い決済なども利用可能です。

通常価格8640円(税込)→定期便限定6912円(税込)とお買い得!【送料も無料】

>>詳細&ご注文はこちら

コメントを残す

このページの先頭へ