スマートフォン解析

葉酸サプリの購入費は医療費控除の対象になるのか?

葉酸サプリ

不妊治療をしていると、何かとお金がかかるようになります。

少しでも節約できるところは節約して、皆さん上手にやりくりされていると思いますが、お金が戻ってくる制度があるのなら活用したい!そう思っているのではないでしょうか?

妊活中の多くの方は厚生労働省からの葉酸接種の推奨やメディアなどの情報から、葉酸サプリを利用されていると思います。

高額の費用が出た年は医療費控除の申請を考えると思います。

葉酸サプリの購入費用も継続して購入している期間や個数が多くなればなるほど、負担になってきます。

この葉酸サプリの購入費は医療費控除の対象になるのでしょうか?

調べてみました。

医療費控除とは?

国税庁では以下のように説明されています。

医療費控除の概要

自己又は自己と生計を一にする配偶者やその他の親族のために医療費を支払った場合には、一定の金額の所得控除を受けることができます。これを医療費控除といいます。

医療費控除の対象となる医療費の要件

(1) 納税者が、自己又は自己と生計を一にする配偶者やその他の親族のために支払った医療費であること。

(2) その年の1月1日から12月31日までの間に支払った医療費であること。

では、どのようなものなら医療費として医療費控除の対象になるのか、まとめてみました。

内容・目的 対象となる 対象とならない
治療・療養 ・医師に払った診療費や治療費
・ちりょうのためのあん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師、柔道整復師の費用
・異常がみつかり治療を受けることになった場合の健康診断費用
・診断書の作成費用
・予防接種の費用
・異常がみつからない場合の健康診断、人間ドック費用
歯科 ・虫歯の治療、入れ歯の費用
・治療としての歯科矯正
・美容のための歯科矯正
医薬品 ・医師の処方箋により薬局で購入した医薬品
・病気やケガの治療のため購入した市販の医薬品
・疲労回復、健康増進のため購入したビタミン剤やドリンク剤代
入院・通院 ・通院や入院のための交通費
・電車やバスなどでの移動が困難なためのタクシー代
・通院のために必要な松葉杖などの費用
・保健師、看護師、准看護師による療育上の世話
・入院中、治療に必要な傷薬、ガーゼ、水枕などの購入費
・赤ちゃんの検診費、入院費
・通院や入院のための自家用車のガソリン代、駐車場代
・自己都合で希望する差額ベッド代
・入院のための寝具、洗面具など身の回り品の購入費用
・入院時に支払うテレビや冷蔵庫の賃料
・医師などに対する謝礼や心づけ
出産 ・妊娠中の定期検診、出産費
・助産師による分娩の介助料
・不妊治療費、人工授精の費用
・母体保護法の規定によらない妊娠中絶費
・無痛分娩のための講座受講料
・里帰り出産のための費用
その他 ・医師の証明がある場合のおむつ使用料
・医師の証明がある場合のケアハウス使用料
・通常のメガネ、コンタクトの購入費
・補聴器の購入費
・転地療養のための費用
・妊娠検査薬
・赤ちゃんの紙おむつ、ミルク代

※これらは一例ですので、迷った場合は税務署に相談してみてください。

以上のことから、医師や歯科医師などの一定の資格者が関わったものや風邪薬や傷薬など医療目的のものは対象になると考えら得ます。

一方で、対象外となるものとして

  • 予防のための
  • 美容のための
  • 疲労回復のための
  • 健康増進、維持のための

というような医療行為にならない、病気になる前の予防的な行為にあたるものは医療費控除の対象外と考えることができます。

葉酸サプリ購入費用は医療費控除かどうか?

上記の表のとおり、葉酸サプリの購入費は医療費控除の対象外となってしまいます。

葉酸サプリは医薬品ではなく、食品扱いとされているからです。

また、病院で葉酸サプリを処方してもらった場合、『保険適用外』であることが多く、医療費控除の対象外なので高額になる可能性があります。

※これは葉酸サプリに限らず他のサプリについても同様です。

病気になった時の治療費は医療費控除の対象になるのに、病気にならないための予防接種やサプリによる健康維持は対象外なんて、なんだかおかしな感じがしました。

ただ、福祉の充実や医療の進歩などのため、医療費控除の対象も徐々に拡大傾向にあります。

また、海外ではサプリメントでも医薬品として認められているものもあることから、日本でも早くそのようになればいいのに……と願ってしまいます。

妊娠した友だちからオススメされた葉酸サプリ

私がまだ妊娠してなかった頃、既に妊娠して幸せいっぱいの友だちがおすすめしてくれたのが葉酸サプリです。

「妊娠していた彼女が言うのだから!」、と思って、私も試したのが葉酸サプリとの出会い。

世の中にはたくさんの葉酸サプリメントがありますが、その中でもイチオシなのが以下の美的ヌーボの葉酸サプリです。私も色々と調べましたが、本当に高品質でした。

美的ヌーボプレミアム 調べた中で一番の高品質

含まれている成分に関しては文句なしです。ただ、ちょっと値段が高めなのが難点です。また、粒が大きめになっていますが、割って飲んでも成分には問題ないので、つわりの時に飲みづらい時には、粒を割って飲むと良いです。クレジットカードが使いたくないという場合にも代金引換や後払い決済なども利用可能です。

通常価格8640円(税込)→定期便限定6912円(税込)とお買い得!【送料も無料】

>>詳細&ご注文はこちら



実物はこんな感じです。

美的ヌーボ

粒の大きさが大きめなのですが、透明な粒以外はすべて半分に割ってから服用していくことも可能です。そのため、つわりなどで飲み込むのが辛いというときでも安心です。

<お得に購入するなら>

賞味期限などを気にするのならば、大手通販サイトなどから購入するよりも、美的ヌーボの公式ページから購入したほうが良いです。確かに大手通販サイトから購入するとポイントがたまるなどあるかもしれませんが、でも私の経験上、そういったところから購入した場合、賞味期限ギリギリのこともありました。やっぱり出来る限り製造されてすぐの新しい商品を欲しければ、公式サイトから申し込むべきだなと思ったのです。

⇒ 美的ヌーボプレミアム公式ページへ

※当サイトでも一番売れています!


他に比較検討した葉酸サプリメント紹介

美的ヌーボの葉酸サプリ以外にも以下の葉酸サプリを購入して比較検討しました。その際に作った比較表をお見せします。
美的ヌーボ
  • ベルタの葉酸サプリについて:
    • 安いように思えますが、3980円は6ヶ月間利用することが前提なので、結果的には高めの値段設定にはなっています。全体的に見れば、ある程度の品質が保たれており、悪くない商品になっています。ただ、個人的にビタミンCやビタミンEもしっかりと含まれている美的ヌーボプレミアムの方が良いなと思っています。
  • 女性100人の声から生まれた葉酸サプリについて:
    • 成分に関してはちょっと不明な点があります。ただ、とりあえずの購入のしやすさからすれば一番でしょう。


ベルタ葉酸サプリ1 ベルタの葉酸サプリ

厚生労働省推奨400μgの葉酸をしっかり摂取可能なサプリメント。色々な雑誌にも掲載されています。今回紹介した葉酸サプリの中では一番中途半端ではありました。

通常価格5980円(税込)→定期便限定3980円(税込)とお買い得!【送料も無料】

>>詳細&ご注文はこちら

女性100人の声から生まれた 葉酸サプリ -AFC-

確かに飲みやすくお求めやすい優良サプリメントなのですが、美容成分へのこだわりの点からは美的ヌーボの方が上でした。つわりが激しくなると、食事も摂れない人が多くなり、その時に美容成分もしっかりと含まれている美的ヌーボの方が良いなと判断しました。逆につわりなどが激しくなく、価格をなるべく抑えたいのであれば、こちらのAFCの葉酸サプリもおすすめです。

価格1800円(税込)【初回限定送料も無料】

>>詳細&ご注文はこちら

以上のように、

というのが私の評価になります。


美的ヌーボプレミアム 調べた中で一番の高品質

含まれている成分に関しては文句なしです。ただ、ちょっと値段が高めなのが難点です。また、粒が大きめになっていますが、割って飲んでも成分には問題ないので、つわりの時に飲みづらい時には、粒を割って飲むと良いです。クレジットカードが使いたくないという場合にも代金引換や後払い決済なども利用可能です。

通常価格8640円(税込)→定期便限定6912円(税込)とお買い得!【送料も無料】

>>詳細&ご注文はこちら

コメントを残す

このページの先頭へ